今回は、買わないと損!「今」すぐ欲しいOnitsuka Tiger(オニツカタイガー)のオススメスニーカー5選を紹介する

Onitsuka Tiger(オニツカタイガー)とは、1949年に神戸で創業をし、最初に手掛けたバスケットシューズを筆頭に、機能性に優れたスニーカーが評価されてブランドとして地位を確立している

Onitsuka Tiger(オニツカタイガー)は、鬼塚喜八郎によって創業されたブランドで、履き心地はもちろんデザイン性も高いアイテムを展開している

現在は、スポーツ用品のみならず、ライフスタイルに特化したスニーカーやアパレルなどを幅広く展開をし、多くの方から親しまれているブランドまで成長した

薄型のソールを採用したモデルが多く、すっきりとしたデザインのスニーカーを展開しており、デニムなどスラックスなどといったパンツと合わせることで、Onitsuka Tiger(オニツカタイガー)の魅力を発揮することができる

「今」すぐ買えるOnitsuka Tiger(オニツカタイガー)のオススメの人気シリーズ5選を紹介する

created by Rinker
¥15,400 (2024/06/25 09:57:56時点 楽天市場調べ-詳細)

Onitsuka Tigerと言ったら「MEXICO 66」

Onitsuka Tiger(オニツカタイガー)と言ったらMEXICO 66(メキシコ 66)について紹介する

Onitsuka Tiger(オニツカタイガー)のど定番であり高い人気を集めるスニーカー

上質な天然皮革を使用したスマートなシルエットに、サイドのOnitsuka Tiger(オニツカタイガー)ストライプが特徴のモデル

スポーティながら上品さも兼ね備えており、幅広い年代におすすめのアイテム

インソールにはクッション性に優れたOrthoLite(オーソライト)を採用し、履き心地にもこだわって作られおり、カラーバリエーションが豊富なのも魅力

OrthoLite(オーソライト)とは、高い通気性と水分吸収性を持つ、耐久性の高いインソールで、ポリウレタンを膨らませて作られた特殊なスポンジのような構造で、小さな穴がたくさん開いているのが特徴

OrthoLite(オーソライト)は、足型に馴染むインプレッションフォームを使用しており、優れたフィット感と通気性を提供をし、耐久性、吸湿性、防臭性にも優れている

MEXICO 66(メキシコ 66)は、少し小さめのサイズ感で、普段履いているスニーカーよりハーフサイズアップほど大きいサイズで履くとジャストサイズで履くことができる

足が細身、普通の方は普段どおりか、ハーフサイズアップ、甲高、幅広の方はハーフサイズアップもしくはワンアップがオススメ

MEXICO 66(メキシコ 66)は、アッパーのレザーが薄く、伸縮性があるが、足幅が広い方は、ワンサイズアップが妥当

横と高さにボリュームがないため、大きめに履くと足先だけ長く見え、ジャストサイズで履くと身長に対して足元が小さく見えることがあるので要注意を

カジュアルコーデにはもちろん、きれいめコーデのポイントにもおすすめのスニーカー

created by Rinker
¥15,400 (2024/06/25 09:57:56時点 楽天市場調べ-詳細)

トレイルランニングシューズをベースに「EDR 78」

トレイルランニングシューズをベースに作られた「EDR 78」について紹介する

Onitsuka Tiger(オニツカタイガー)の「EDR 78」は、1978年に発売されたトレイルランニングシューズをベースにしたモデル

つま先とかかとのアウターソールがラギッドに巻き上げられているのが特徴で、歩行時の足への負担を軽減するために、中敷にOrthoLite(オーソライト)、土踏まず部にはアーチクッキーを採用し、クッション性を向上させてくれる

トレイルランニングシューズは、舗装されていない道を走るトレイルランニング用のスニーカー

トレイルランニングコースは、滑りやすく凹凸があり、天候にも大きく左右される

そのため、トレイルランニングシューズは、滑らないようにグリップ力に優れたソールを備えており、走行中に足に小石などが当たるため、アッパー部分も強化されている

トレイルランニングシューズの特徴は、足にかかる衝撃に耐えられるように設計されていること

下りを走るときに足にかかる負担は体重の4倍といわれており、その衝撃から耐えられるように工夫されたミッドソールのクッションと反発性で関節を守りってくれる

トレイルランニングシューズは、登山靴やトレッキングシューズとは異なり、登山靴やトレッキングシューズは、足首を覆うハイカットとミドルカットで保護性能を重視したものが多い

トレイルランニングシューズは足首まで覆わないローカットタイプが多く、快適性を重視した作りになっている

トレイルランニングシューズの寿命は、走行距離にして約500km程で、路面状況やランナーの走り方などの使用条件により寿命は変化するので、あくまで目安として捉えていただけたら幸いだ

「EDR 78」サイズ感は、ハーフサイズアップもしくは、ワンサイズアップで白とストレスなく履くことができる

他のASCIS(アシックス)のラインと比べると、ハーフサイズアップくらい大きめのサイズ感で選ぶと良い

日本人の足に合うスニーカー「SERRANO」

日本人の足にあうスニーカーSERRANO(セラーノ)について紹介する

SERRANO(セラーノ)は、1970年代に開発された陸上スパイクシューズからインスピレーションを受けてデザインされたスニーカー

SERRANO(セラーノ)は、ファーとスエードのアッパー、クッション性に優れたOrthoLite(オーソライト)の中敷を採用している

全体的に軽く仕上げられているのが特徴で、薄底のスタイルに、前足部分が少し巻き上がったアウトソールのデザインがポイント

スポーティーなナイロン素材のアッパーによって通気性がよく、履き続けることで生まれるシワが独特の風合いをつくっていく

その日のファッションやシーンに合わせ、卸したばかりの1足にするか使い込んで自分独自の顔をもったSERRANO(セラーノ)にするかなど、チョイスを楽しむのも1つの楽しみ方

SERRANO(セラーノ)は、軽くて履き心地がよく、幅が日本人の足に合うように設計されているため、足にフィットするのが特徴

また、タウンユースに適しており、大人らしいスマートな印象を与えてくれる

横幅が狭く、高さも低いので、一日履いて足がむくんでくると窮屈に感じることがあります。

SERRANO(セラーノ)のサイズ感は、足の実寸「足長)」より1.5アップ〜2アップ大きめを選ぶのがよいとされている

SERRANO(セラーノ)は、ナイロン素材で作られており、MEXICO 66(メキシコ 66)は天然皮靴で作られているが、横幅は同じ

MEXICO 66(メキシコ 66)の方がアッパーが柔らかく伸縮性があるため、サイズ感についてはMEXICO 66(メキシコ 66)の方がややゆとりがあるように感じる

Onitsuka Tigerの隠れた名作「TIGER HORIZONIA」

Onitsuka Tiger(オニツカタイガー)の隠れた名作TIGER HORIZONIA(タイガー ホリゾニア)について紹介する

TIGER HORIZONIA(タイガー ホリゾニア)は、Onitsuka Tiger(オニツカタイガー)の定番モデルのひとつ

クラシカルなトレイルランニングシューズの特徴を踏襲しながら、現代的にデザインアップデートしたモデル

TIGER HORIZONIA(タイガー ホリゾニア)は、過去に発売されたOnitsuka Tiger(オニツカタイガー)のトレイルシューズのデザイン要素を組み合わせてデザインされている

アウターソールの意匠やつま先の巻上げがデザイン特徴で、アッパーには、メッシュとスエード、人工皮革を組み合わせている

ミッドソールのかかと部分には、軽量性と衝撃緩衝性を備えたFuzeGEL(フューズゲル)を採用し、OrthoLite(オーソライト)のインソールを採用することで快適な履き心地を実現している

ASICS(アシックス)が開発したスポンジ素材で、衝撃を和らげるクッション材を使用し、発泡させたゲルを混ぜてクッション性を高めた素材で、2016年2月に発売されたランニングシューズFuzeX(フューズX)シリーズの靴底に採用されている

FuzeGEL(フューズゲル)は、ゲルを発泡させることで大幅な軽量化を実現し、ゲルの使用領域を拡大し、ミッドソール全体がクッションとなるため、どこにでも使用できるようになった

TIGER HORIZONIA(タイガー ホリゾニア)は小さめの作りなので、普段履きよりハーフサイズアップでぴったりサイズ

甲周りはぴったりで、つま先に少しゆとりがあり、ゆったりめで履きたい時はワンサイズアップで問題ないかと

Onitsuka Tiger(オニツカタイガー)は日本人の足に合わせたモデルではないため、普段通りのサイズを選ぶと少しキツイと感じることがよくある

基本的にはハーフサイズアップがオススメだが、モデルによってはシルエットも違うので、はじめての方はショップでしっかり試着してから購入をオススメする

Onitsuka Tigerオフィシャルのみ展開モデル「DELECITY」

Onitsuka Tiger(オニツカタイガー)オフィシャルのみ展開モデルモデルDELECITY(デレシティ)について紹介する

DELECITY(デレシティ)は、2つのアーカイブシューズのエッセンスを組み合わせつつ、現代のデザインに昇華したモデル

軽量に仕上げた存在感のあるチャンキーでフラットなフォルムのソールは1950年代のアーカイブバスケットボールシューズの要素を取り入れ、アッパーは1980年代のテニスシューズをベースに、よりスタイリングしやすく再構築されている

バスケットボールシューズの要素を取り入れたソールと、テニスシューズをベースにしたアッパーを組み合わせ、よりスタイリングしやすく構築されている

インナーソールにはクッション性能が高いOrthoLite(オーソライト)が採用されており、スムーズな足入れとクッション性能が高いことによる歩きやすさ、そしてソールが厚いながらも地面をしっかり掴む感覚をサポートしてくれる

最も注目される点は厚底のラバーソールとプラットフォームスタイルで、Onitsuka Tiger(オニツカタイガー)のスポーティさに加え、海外のハイブランドとも相性が良さそうなモードな印象を

DELECITY(デレシティ)は、おしゃれな女性や男性が履いているイメージがある

DELECITY(デレシティ)のサイズ感は、やや小さめで細めの作りで、つま先はゆとりがあるが、カーブの部分からかかとにかけて少し細めになっている

基本的には普段履いているスニーカーと同じサイズがオススメだが、幅が広い方はハーフサイズアップするとゆとりを持って履くことができる

メンズはハーフサイズアップ、女性はジャストサイズもしくは、ハーフサイズアップがオススメ

厚底でも歩きにくさは感じなかったため、むしろクッション性のおかげで疲れにくいのかもしれない