著名人着用で大人気ブランドAlexander McQueen(アレキサンダーマックイーン)天才デザイナーの歴史について紹介する

Alexander McQueen(アレキサンダーマックイーン)の特徴としては、レディース、メンズ、バッグ、ジュエリーなどを手掛け、有名ブランドとのコラボアイテムも多数展開しているため、人気を博している

そして、伝統的な型を崩してデザインされたカジュアルアイテムにも斬新な魅力があり、スエード生地のトートバッグなども大人気の一つ

スポンサーリンク

Alexander McQueenの歴史を紹介

Alexander McQueen(アレキサンダーマックイーン)の歴史を紹介する

創立者はイギリスのファッションデザイナー、Lee Alexander McQueen (リー アレキサンダー マックイーン)で、1969年にロンドンで生まれた

1992年、彼はロンドン芸術大学のカレッジのひとつCentral Saint Martin(セントラル セント マーチンズ)の卒業コレクションにおいて作品を発表

有名スタイリストのIsabella Blow(イザベラ ブロウ)がそれに注目して全作を買い取り、雑誌「VOGUE」で紹介したことがブランド創立のきっかけ

Alexander McQueen(アレキサンダーマックイーン)は1993年にロンドンはコレクションでデビューしたのが始まり

その後もロンドンはコレクションにて作品を次々と発表し、Alexander McQueen(アレキサンダーマックイーン)は徐々にブランドとしての地位を築いていきた

1999年には活動拠点を一時ニューヨークに移したが、翌年には再びロンドンに戻り、同じく2000年に、カジュアルラインであるMcQUEEN’S(マックイーンズ)の展開をスタート

さらに2006年には、若者向けのセカンドラインであるMcQ(マックキュー)も展開を開始

2002年からはパリコレクションにて作品を発表し、さらに2003年からはメンズラインも取り扱いを開始

また、2006年にはスポーツブランドのPuma(プーマ)と、2007年にはスーツケースメーカーのSamsonite(サムソナイト)とコラボを行うなど、2000年代に入ってから多岐にわたってアイテムを展開

Alexander McQueenを着用した著名人を紹介

Alexander McQueen(アレキサンダーマックイーン)を着用した著名人を紹介する

Alexander McQueen(アレキサンダーマックイーン)とは、1992年にイギリスのロンドンで創設した、イギリスの代表的なファッションブランドのひとつ

レディース、メンズ、バッグ、ジュエリーなどを手掛け、有名ブランドとのコラボ商品も多数売り出している

アバンギャルドなデザインが特徴で、Lady Gaga(レディー ガガ)やbjork(ビョーク)など、Alexander McQueen(アレキサンダーマックイーン)を愛用するアーティストも多数

また、イギリス王室においてキャサリン妃がウィリアム王子との結婚式の際に、このブランドのデザイナーのドレスを着用したことでも注目を集めた

などなど海外の著名人が着用になったことで、再ブームとなっているブランドの一つである

Alexander McQueenの根強い人気を誇るアイコンスニーカーを紹介

Alexander McQueen(アレキサンダーマックイーン)の根強い人気を誇るアイコンスニーカーについて紹介する

 Alexander McQueen(アレキサンダーマックイーン) のアイコンとも言える「オーバーサイズ」スニーカーは、2015 年春夏コレクションに初めて登場して以来、男女問わず絶大な支持を集めている

日本の伝統的な歌舞伎をテーマにした同シーズンのメンズのランウェイでは、このスニーカーがホワイトやグレー、ブラックのセットアップスーツの足元を飾り、コーディネートを引き立てている

「オーバーサイズ」スニーカーは、そのネーミングの通り、4.5cmの厚みを持つオーバーサイズなソールが大きな特徴

フィット性に秀でたカーフスキンのアッパーとクッション性のあるラバーソールをセットし、驚くほど快適な履き心地を実現している

シルエットやカラー展開は adidas(アディダス)のStan Smith(スタンスミス)に似ているが、より洗練され華やかな印象になっている

 奇抜さとエレガンスを融合させたデザインと、オールシーズン履ける汎用性の高さは多くの人の心を魅了している

愛用者には A$AP Rocky(エイサップ ロッキー)や Future(フューチャー)、Jennifer Lopez(ジェニファー ロペス) といったミュージシャンやスタイルアイコンが名を連ねています。

 Alexander McQueen(アレキサンダーマックイーン) の定番スニーカー「オーバーサイズ」の最大の特徴は、存在感あふれるチャンキーなラバーソール

軽量でクッション性があり、履き心地は抜群で、一度履けばその快適性と歩きやすい

4.5cmの高さがあるのでスタイルアップ効果も期待できる

アッパーにはバターのような柔らかさのイタリア製カーフレザーを使用

パーフォレーテッドになった通気孔を施し、内側はキッドレザーで仕上げている

ヒールカウンターにはスエードやグレインレザー、ホログラフィックプリントのファブリックなど様々な素材をセットすることでさりげないアクセントを加えている

シュータンとヒールカウンターには主張しすぎないミニマルなシグネチャーロゴがあしらわれている

丸みを帯びたつま先と太めのフラットシューレースは、90年代から2000年代初頭の流行を彷彿とさせてるが、より現代的なテイストにアレンジされている

Alexander McQueen(アレキサンダーマックイーン) の「オーバーサイズ」スニーカーは、2015 年の春夏コレクションで初登場して以来、毎シーズン新作が発表されており、すでに 20 種類以上もの多様なバリエーションを展開してきている

クラシックなホワイトをベースにしたモデルが定番だが、オールブラックやスプレーペイントを施したもの、ラインストーンやスタッズをあしらったものまで、幅広いデザインが揃う

Alexander McQueen(アレキサンダーマックイーン) の「オーバーサイズ」スニーカーは、表記サイズ通りのフィット感なため、安心して履くことができる

足幅が広い人はサイズアップが必要だが、最初のうちはきつく感じるかもしれない

ただ、履き込むうちに足の形状に合わせて革が馴染んでいくため、その点も考慮しながら適切なサイズ検討が必要だ

シュータンが長く鋭いため、足首に当たって擦れることがあるかもしれないが、タンを外に押し出してから履くと快適に過ごせる

スポーティーでありながらもスタイリッシュな「オーバーサイズ」スニーカーは、ストリートからフォーマルまで様々なスタイルにマッチする汎用性の高さが魅力

足元にボリュームが出るため、ボトムスには細身シルエットのデニムや黒パンツを合わせるとバランス良く着こなせる

さらに、パンツの裾を足首あたりまでロールアップすれば、存在感抜群のスニーカーがさらに際立つ

Alexander McQueenの今後の活動について

Alexander McQueen(アレキサンダーマックイーン)の今後の活動について紹介する

ブランド自体は展開を続けるなか、2010年に創設者のLee Alexander McQueen (リー アレキサンダー マックイーン)が死去

親会社であるGUCCI(グッチ)グループがブランドの継続を決定したため、リーの右腕としてウィメンズウェアラインのヘッドデザイナーを務めていたSarah Burton(サラ バートン)がクリエイティブディレクターに就任した

Lee Alexander McQueen (リー アレキサンダー マックイーン)の死後も、Sarah Burton(サラ バートン)のもとでAlexander McQueen(アレキサンダーマックイーン)は進化と成長を続けており、2014年には青山に日本初となる旗艦店もオープンしている

ウェアだけではなく、バッグなどのレザーグッズなども人気が出ており、日本を含めた世界への店舗展開も加速している

Alexander McQueen(アレキサンダーマックイーン)に触れる機会というのは増えていて、まだまだ成長を続けていくブランドとなるのではないだろうか

スポンサーリンク