今回は、PUMA(プーマ)25年の時を経て待望の復刻MOSTRO PERF(モストロPERF)誕生秘話を紹介する

2024年のNYファッションウィーク、パリファッションウィークのランウェイでも多くの称賛を浴びたPUMA(プーマ)MOSTRO(モストロ)が遂に登場!1999年に初登場し25年ぶりの復活を果たしたPUMAサーフィンシューズの融合から生まれたデザインMOSTRO(モストロ)

1999年に初めて市場に登場して以来、スニーカー愛好家から高い評価を受けてきたMOSTRO(モストロ)独自の存在感をアピールした!奇抜なファッションも目を引くMOSTRO(モストロ)だったが、特別なMOSTRO(モストロ)として3Dプリンターで製造したモデルもショーの中に登場したのがきっかけで待望の復刻を果たした

PUMA「MOSTRO PERF」誕生秘話

MOSTRO(モストロ)は、イタリア語で「モンスター」を意味する言葉で、当時としては斬新かつ実験的なルックスからこの名がつけられた!時のトレンドを象徴する実験的なルックスが特徴のMOSTRO(モストロ)は、60年代のスマートでありながらタフなスプリントスパイクと、80年代のリラックスしたサーフシューズからインスパイアされたデザイン、現在もコアなファンからは芸術品のように評され、誕生してから現在まで常にスポーツとファッションの境界線を歩んできた!

独創性溢れるシルエットは個性を求めるファッショニスタたちからも熱い眼差しを集め、イタリア語でモンスターの意味を持ち、60年代の洗練されたスプリントスパイクと、80年代のゆったりとしたサーフィンシューズの融合から生まれたデザインとして誕生

PUMA(プーマ)のアイコニックで常識を覆す薄型のシルエットは、シグネチャーのスパイクソールや汎用性の高いストラップクロージャーが特徴的!最高の柔軟性と履き心地を約束する最新のMOSTRO(モストロ)は、メッシュアッパーにメタリックシルバーのフォームストリップを重ね、ストラップクロージャーとライクラ素材の裏地で構成されている

サイドを駆け抜けるフォームストリップ、左右非対称のストラップクロージャー、そしてヒールカウンターとミニマルな要素が、洗練されたシルエットを生み出す!MOSTRO(モストロ)最大の特徴である、スパイクからインスパイアされた突起のある巻き上げソールは、唯一無二のデザインが、足元に圧倒的な存在感を与えてくれる

レザーの質感とパフォレーションのディテールが、モダンで洗練された雰囲気を醸し出してくれる!ハイブリッドなデザインは、60年代の洗練されたスプリントスパイクと、80年代のゆったりとしたサーフィンシューズという2つの異なるフィールドからインスピレーションを得ている

PUMA(プーマ)の象徴的なアーカイブシルエットであるこのロープロファイルシューズは、シンボリックなスパイクソールやストラップなどのディテールが最大の特徴的だ!柔軟性やコンフォータブルさを提供し、どんなライフスタイルにもマッチしながら、唯一無二のユニークなスタイルを叶えてくれる

PUMA最新技術を駆使して「MOSTRO PERF」が復刻!

MOSTRO(モストロ)は、独特なスパイクソールとベルクロトップで知られる攻撃的なスタイルのシューズモデルだ!PUMA(プーマ)は3Dプリンティング技術の活用により、過去と現在を融合させ、現代のファッショントレンドに合わせて再解釈したようだ

突起を多用したMOSTRO(モストロ)は、新しい技術を活かして新しい挑戦を行っているPUMA(プーマ)の姿そのものを表現している!MOSTRO(モストロ)はもっと穏当な日常使いもできる形状をしており、3Dプリンター製使ってデザインをしたが、タウンユースで履けるシューズに仕上がっている

PUMA(プーマ)の挑戦を具現化させたのは、ベルリンを拠点とするファッションブランド、OTTOLINGER(オットリンガー)とのコラボによるものだった!あくまでコンセプトモデルという位置づけのようだが、PUMA(プーマ)がMOSTRO(モストロ)のリバイバルに3Dプリント技術を選択したのは、3Dプリント技術が提供するデザインの自由度と製造の柔軟性を活かして、PUMA(プーマ)の伝統の中から革新を生み出すためだったようだ

独特な形状を3Dプリントすることで、PUMA(プーマ)は従来の製造方法では不可能だった複雑な形状や独自のテクスチャを実現し、唯一無二の存在感を演出している

久しぶりに抽選販売を行い完売になったレーシングシューズSPEEDCAT OG(スピードキャットOG)に次ぐ話題作なため、今回のリリースを楽しみに待っているユーザーは多いはずなので、今のうちにMOSTRO(モストロ)をチェックしていただけると幸いだ