今回は、adidas(アディダス)軽量ランニングシューズ「SL 72 RS」を徹底考察!する

「SL 72 RS」は現代でもコレクターが多いモデルで、目を引く象徴的なオリジナルカラーを纏い、ボリュームのあるシェイプを採用し現代風にアップデートした

Wales Bonner(ウェールズボナー)がコラボモデルをリリースしたことで、話題のクラシックシューズだ!

そして、このサイトのSNSではリリース情報などInstagramで随時投稿しているので、フォローしていただけると幸いだ

他にも、オススメのアイテムや絶対に「買って後悔しない」スニーカーなどやオススメのブランドなどを毎日19時に紹介している

ファッショニスタ・スニーカーヘッズの方は、是非フォローしていただけると幸いです!

adidas軽量ランニングシューズ「SL 72 RS」歴史がヤバい

1972年に開催のミュンヘンオリンピックに合わせて開発された「SL 72 RS」SL=SUPERLIGHT(スーパーライト)の名の通り、ナイロンアッパーやEVAのミッドソールなど、当時としては画期的な超軽量ランニングシューズとなった!

往年の名作を現代にブリングバックしたアイテムに仕上がっている!安定性を高めるワイドフレアソールを採用し、EVAミッドソールのクッションなど、足への負担を軽減させるための当時の最先端の技術を取り入れられていた

それぞれ、発売当時と同じようにナイロンメッシュ、そしてスウェード素材を組み合わせ、サイドのスリーストライプスとヒールタブにはレザーをセットし、ミッドソールにも色付けることで、さらなる完成度の高みを目指した仕上がりとなっている

70年代のスタイリッシュなランニングシューズが復活!1972年第二次世界大戦後に初めて、ドイツのミュンヘンで行われた五輪に合わせて用意された「SL 72 RS」は、トレフォイルロゴを初めて纏った一足でもある

adidas(アディダス)のアーカイブに敬意を表し、スエードとナイロンのアッパーを再現し、発売当時の雰囲気を引き立てるカラーリングがスタンバイ!爽やかなブルー / ホワイト、ブラジルカラーのグリーン / イエロー、そしてレトロなイエロー / ブルーの3色展開

目を引く象徴的なオリジナルカラーを纏い、ボリュームのあるシェイプを採用し現代風にアップデートした「SL 72 RS」は、細身でありながらも程よいボリューム感を兼ね揃える注目のモデルだ

そして誕生から半世紀を経ち、そのレトロな出立ちに再びファッション感度の高い人々から注目を浴びている

このアーカイブを讃えた復刻モデルの新作では、滑らかなレザーアッパーと合成ライニングの組み合わせがソフトな履き心地をもたらし、EVAミッドソールが軽やかなクッション性を発揮!グリップ力のあるラバーアウトソールが地面をしっかり捉えて、安定した足運びを促す

シンプルでスタイリッシュなこのスニーカーは、スポーツをルーツとするクラシックなデザインに息づくアディダス オリジナルスの哲学を体現している

created by Rinker
¥14,300 (2024/04/19 17:49:54時点 楽天市場調べ-詳細)