今回は、2024年最新版PUMA(プーマ)人気初めて買うからコレ!人気ない?ダサい?メンズ人気モデル&最新モデル7選!を紹介する

PUMA(プーマ)のスニーカーを購入しない理由として挙げられるのは、adidas(アディダス)やNIKE(ナイキ)に比べるとダサく見えるそうで、ブランド力の競争で負けていることが大きくあげられる

他の有名ブランドでもダサいと言われているデザインは多数あるが、PUMA(プーマ)はブランドだけでダサいと判断されてしまうことが多々ある

丁寧な作りと頑丈さは、他のブランドと劣らないが、ブランド力で圧倒的に負けているのがPUMA(プーマ)

シンプルなデザインが多いPUMA(プーマ)のスニーカーは、どの服にも合うのがPUMA(プーマ)好きにとっては、嬉しいはずだ!

汎用性があるため、大人になっても仕事や普段遣いでも合わせいはずだ!

リリース情報などに関しては、Instagramで随時投稿しているので、フォローしていただけると幸いだ

他にも、オススメのアイテムや絶対に「買って後悔しない」スニーカーなどやオススメのブランドなどを毎日19時に紹介している

ファッショニスタ・スニーカーヘッズの方は、是非フォローしていただけると幸いです!

PUMA人気ない?ダサい?

定番カラーや定番デザインが多く個性がなく、代表的なSUEDE(スウェード)は何十年も前から存在しているモデル

これが「普通」というイメージ

カッコよくて愛用している人ももちろんいるが、オシャレに履きこなしている人には、デニムと合わせてる人が多いようだ

PUMA(プーマ)はスポーティさが強いので、デニム愛用者には必須アイテムと言えるはずだ!

カラーバリエーションはたくさんあっても、誰かと色違いで被ってしまう問題も発生してしまう

PUMA(プーマ)の人気がないというより、カジュアルシューズは個性がないため目に止まりにくい

NIKE(ナイキ)やadidas(アディダス)に比べて、ブランド力も怠っているため大きく話題になることが少なく、新アイテムが登場したときに、他のブランドと比べるとその差が出てしまっている

PUMA好きな人の口コミ

他の有名なブランドメーカーのスニーカーを愛用していた人が、オンラインセールで購入したPUMA(プーマ)のスニーカーの方が作りがしっかりしていると実感したそうだ

シンプルなデザインで、比較的安価に購入できるということを決め手にした人もいる

他のブランドに比べると、確かに価格は安いので手に届きやすく、履き心地やデザインやコスパを考えると、PUMA(プーマ)が断トツだと思う

PUMA(プーマ)のカラーやデザイン性がいいという声も多く、モデルによっては、履き心地がいいという人が多くいる

ただ、靴幅は細身ではあるが、縦幅は他のブランドと比べ大きく感じるので、普段のサイズもしくはハーフサイズでベストに履くことができるはずだ

立ち仕事の人には、歩きやすいスニーカーで足の疲れが減ったととの声もあり、足幅が細めな人には足にフィットするので、長時間の立ち仕事でも満足

何より、軽めなスニーカーで頑丈というのがコスパの良さを感じれるはずだ

CLYDE OG

PUMA(プーマ)アーカイブの象徴であるCLYDE(クライド)は、ファッション、カルチャー、バスケットボールの伝統を自信とスタイルで体現しタモデルだ!

CLYDE(クライド)とは、1970年代にNBA NEW YORK KNICKS(ニューヨークニックス)で活躍したWalt Frazier(ウォルト フレイジャ)のシグニチャーモデル

バスケットボール史上初のシグニチャーモデルとして1973年から1979年まで約7年間にわたって生産されたスニーカー

2023年がCLYDE(クライド)の象徴的なシルエットが50周年を迎えた

フルスウェードアッパーで上品さを演出し、サイドの「プーマフォームストリップ」が美しい曲線美を表現している

クォーターに金箔と型押しの 「PUMA CLYDE」ブランドロゴが施されている

また、Leather Working Groupに認定された、環境に配慮した革の製造方法で作られたレザーを使用しており、普段使いに最適な一足だ!

NICKS(ニックス)の地元であるニューヨークで絶大の人気を誇り、ストリートボーラー、ミュージシャン(黎明期のHIP HOP ARTIST)、グラフィティアーティストに愛された

1970年代のニューヨークを象徴するスニーカーともいわれている

PALERMO OG

PALERMO OG(パレルモOG)は1970年代後半~80年代前半に展開されていた、ハンドボール/インドアトレーニングシューズ

アイレットベース、トゥバンプはスウェード素材を採用し、当時としては耐久性に富み、サイドステップ時のステップワークに対応をする仕様に

甲部、サイドパネルにはナイロンメッシュを採用し、体育館のような使用環境においても通気性を確保するような作りに仕上げている

当時アッパー素材の異なる、同デザインパターンのHandball Team(ハンドボールチーム)やSuper Team(スーパーチーム)といったハンドボール専用モデルがカタログラインナップされていたモデルを踏襲した

PUMA(プーマ)では、非常に人気と信頼度の高いアッパーデザインであったことが見て取れる仕様となっている

アウトソールは1978年より発売されていたVLADO STENZEL(ブラドステンツェル)のと同様のものを採用をし、吸盤のような意匠が体育館のサーフェスにおいてグリップ性能を高める仕様となっているのが特徴

様々なPUMA(プーマ)インドアトレーニングシューズに流用されていたソールとなっている

SUEDE VTG

スニーカー文化に多大な影響を与えた、PUMA(プーマ)を代表するこのシリーズは、1968年に初めて登場して以来あらゆる世代を代表する人たちに愛用されてきた

40年以上に渡って愛され続けている定番モデルで、今作は品名に「VTG」が付き、ソール、シルエット、ロゴ、ステッチなどのディティールがビンテージ感を演出

1980年代のPUMA(プーマ)SUEDE(スウェード)を限りなく、忠実に再現しながら、機能面など部分的にアップデート

SUEDE VTG(スウェードビンテージ)は、短いつま革やローエッジのシュータン構造など、ディテールはできる限りオリジナルに近づけているが、アッパーにはビロードのような柔らかなプレミアムスエードを使用している

クラシックな雰囲気を残しながらさらに優れた品質と肌触りを実現している1足

SLIPSTREAM

現代のスニーカーシーンは、コートシューズとも呼ばれるレトロなフォルムを持つバスケットボールシューズの復刻モデルが人気の中心

オリジナルは1987年にシーンに登場し、高い跳躍とスラムダンクで強い印象を残したバスケットボールスニーカー

1987年、PUMA(プーマ)が展開するSLIPSTREAM(スリップストリーム)が北米で登場し

SLIPSTREAM(スリップストリーム)は、1987 年にSKY LX(スカイラックス)の後継モデルとして誕生したバスケットボールシューズ

カンザス大学のプレーヤーも着用したパフォーマンス系バッシュSKY LX(スカイラックス)の後継モデルとしてPUMA(プーマ)が手掛け、NBAに勝るとも劣らない人気を誇るNCAAの強豪校のチームカラーをポイントに落とし込んだラインナップを展開していた

発売から今年で35年を迎えるSLIPSTREAM(スリップストリート)は、バスケットボールのDNAを継承しつつ、クリーンでモダンなルックスに生まれ変わった

現代のスニーカーシーンは、コートシューズとも呼ばれるレトロなフォルムを持つバスケットボールシューズ(バッシュ)の復刻モデルが人気の中心

なかでも、1980年代後半から90年代前半にかけてデザインされたローカットねバッシュは、2024年のトレンドアイテムとして多くのファッショニスタが注目するカテゴリーとして話題になるはずだ

DISC BLAZE

PUMA(プーマ)のハイテクモデルの代名詞であるDISC BLAZEDISC(ディスクブレイズ)が、1993年のデビューから今年30周年のメモリアルを迎えた

最大の特徴はPUMA(プーマ)独自のDISC(ディスク)システムで、足の甲部分に取り付けられた円形のパーツを回すことで、履いた足に合わせて足を素早く簡単にしっかり固定することができる

足の甲に付属したDISC(ディスク)システムで、フィッティングが調整できる革新的なテクノロジーを搭載し、ソールにはハニカム構造によるTRINOMIC(トライノミック)ソールで高品質な履き心地を実現した90年代の次世代モデルとなった安定したフィット感を実現可能に

さらに、1990年代にランニングシューズのクッショニング機能として発表されたTRINOMIC(トライノミック)ソールを搭載し、着地時の衝撃を緩和し、快適な履き心地を提供してくれる

TRINOMIC(トライノミック)ソールとは、ハニカム構造上に成形されたラバーをソールに組み込むことで、衝撃吸収性とパワーレスポンス能力、安定性、柔軟性を高める構造

アッパーサイドのプラスチックパーツは、紐を締めることでホールド感を強めてくれる

PUMA DISC BLAZE ATMOS(プーマ ディスクブレイズ アトモス)PUMA WHITEPU【メンズ レディース スニーカー】23FA-I

ARMY TRAINER

1970年代のドイツ軍を起源とするARMY TRAINER(アーミートレーナー)は、まさに時の試練を経たスニーカーだ!

当時、GERMAN TRAINER(このジャーマントレーナー)の製造工場はPUMA(プーマ)やadidas(アディダス)のスニーカーの生産も行っていたそうだ

GERMAN TRAINER(このジャーマントレーナー)は、シンプルなデザインと質実剛健な造り、レザーとスウェードのノーブルなコンビネーションが魅力的なシューズ

Maison Margiela(メゾンマルジェラ)やDior Homme(ディオールオム)がモチーフとしたデザインのシューズがコレクションに登場したことで話題になった

モードファッションや、いわゆる内羽根式の「トレイナー」タイプのアッパーを採用することで新規のトレンドとなりつつある、ヨーロピアンカジュアルのカルチャー「テラススタイル」の分野においても定番の人気を誇るスタイルとなっている

アウトソールパターンは、70年代中期以後、ハンドボール用シューズ等にも採用されていたアウトソールを合わせて作られた

VELOPHASIS

VELOPHASIS(ヴェロファシス)は、新しい物とオーセンティックな物をブレンドしたデザインの美学から誕生したモデル

2000年代のスタイルと、PUMA(プーマ)のパフォーマンスランニングのアーカイブから着想を得て再解釈をしたモデル

このシルエットは、過去のPUMA(プーマ)パフォーマンスランニングシューズからインスパイアを受け、2000’sのハイブリッドなイメージとなっている

オープンメッシュベース、合成オーバーレイ、半透明の成形「TPUピース」が組み合わさり、繊細さとダイナミックさを兼ね備えている

ランニングシューズから着想を得ており、クッション性に優れたSoftFoam+(ソフトフォーム+)インソールを採用をし、長時間歩いても疲れにくい、ヴィーガン認証商品スニーカーなのが最大の特徴