今回は、無駄のないデザインを追求したNIKE(ナイキ)AIR JORDAN 2(エアジョーダン2)の歴史と履き心地とサイズ感について紹介する

1986年にデビューを飾ったAIR JORDAN 2(エアジョーダン2)は、名高いアイコンであるAIR JORDAN 1(エアジョーダン1)のクールな後継モデルとして登場した

より洗練された無駄のないデザインを追求しており、上質なレザーと足裏のAIR(エア)が抜群の耐久性とスタイルを生み出すクラシックなシューズと華々しくデビューした1足を今回は紹介していく

最近Instagramでオススメのアイテムや絶対に「後悔しない」スニーカーなどを毎日19時に紹介している

ファッショニスタ・スニーカーヘッズの方は、是非フォローしていただけると幸いです!

NIKE「AIR JORDAN 2」ができるまでの背景

AIR JORDAN 1(エアジョーダン1)人気を受け、NIKE(ナイキ)はシリーズ化して継続的に開発販売していくことを確定した

ファーストモデルこそ既存のシューズを参考に開発が進んだが、AIR JORDAN 2(エアジョーダン2)は、ベースからの開発が進められた

AIR JORDAN 2(エアジョーダン2)は、Peter Moore(ピーター ムーア)とBruce Kilgore(ブルース キルゴア)という2人のデザイナーに任され進行

「イタリアのデザイン事務所」をベースに、「イタリア製の革」、「イタリア国内での製造」(オリジナルのみ)と、とにかくイタリアづくしでプロジェクトが進んだ

これまでのバスケットボールシューズには見られなかったデザイン性の高さや、通常使われることのない素材を導入するなど、後続のAIR JORDAN(エアジョーダン)モデルにも見られる実験的な要素は、いたるところで発見することができる

AIR JORDAN 2(エアジョーダン2)の一番の特徴は、NIKE(ナイキ)の象徴である「スウッシュ」を取り外してしまったことだ

AIR JORDAN(エア ジョーダン)シリーズは、AIR JORDAN 2(エアジョーダン2)以降若干の不振に陥ってしまった

他のシューズラインとの統合も考えられるなどゴタゴタがあったそうだが、デザイナーの意向として将来AIR JORDAN(エア ジョーダン)が独立ブランド化できるようにデザインしたとも言われている

デザインに注目すると、ゴテゴテした部分が少なくスムースなデザインに仕上げられており、イタリアデザイナーの本領発揮、といったところかもしれない

Michael Jordan(マイケル ジョーダン)は、AIR JORDAN(エア ジョーダン)シリーズの開発にとても熱心だったそうだ

シューズ制作を依頼していたのではなく、Michael Jordan(マイケル ジョーダン)はNIKE(ナイキ)の作ったシューズをすべて試着してたほど

Michael Jordan(マイケル ジョーダン)が気に入った素材や形状を選び、デビュー2年目のJordan(ジョーダン)がウキウキしながら、自分の靴を考えていたそうだ

合わせて、自分のシグネチャーモデルを誇りに思っていたようで、現在では30作を超え、派生シリーズを含めれば膨大な数にのぼる製品群に成長することをに成功

シューズ形状といったデザイン以外にも、プレイヤーにとっては命とも言える、履き心地やクッション性を充実したものとするために、インナーソールやソール素材の開発も自らの意思で開発に参加したそうだ

NIKE「AIR JORDAN 2」の発売とMichael Jordan

1986-87シーズンは足の怪我に悩まされていたMichael Jordan(マイケル ジョーダン)は、思うようにプレーができなかった

デザイナー陣の野心的なデザインがなかなか受け入れられなかったこともあり、オリジナルの販売当初の売れ行きは思ったほど良好なものではなかったようだ

Michael Jordan(マイケル ジョーダン)だけでなく開発陣も、厳しいシーズンを過ごしたそうだ

NIKE「AIR JORDAN 2」現在での人気

日本でも他のモデルと比べると、人気レベルは低いようだが、AIR JORDAN 1(エアジョーダン1)の黒赤といったインパクトのあった配色とは違い、AIR JORDAN 2(エアジョーダン2)では白ベースに赤いラインというおとなしい配色が選ばた

ただ、イタリアンな装いの高級モデルにはシンプルな色使いが映え、後続のAIR JORDAN (エアジョーダン1)モデルではMichael Jordan(マイケル ジョーダン)本人の希望により「街なかでも普段履きできるシューズ」「フォーマルにも合わせられるシューズ」カラーで選定された

純粋にバスケットボールや機能性に振り切ったモデルばかりではなく、ドレッシーなモデルの先駆けであったAIR JORDAN 2(エアジョーダン2)

オリジナルの人気は低かったかもしれないが、復刻モデルは複数回発売されており、AIR JORDAN 2(エアジョーダン2)があったからこそ、自由度の高い製品展開ができた

だからこそ時間が経つにつれ評価が高まってきたモデルとも言える

NIKE「AIR JORDAN 2」のサイズ感と履き心地はいかに

AIR JORDAN 2(エアジョーダン2)は、標準的なサイズ感で、AIR JORDAN 1(エアジョーダン1)とほぼ同じサイズ感

AIR FORCE 1(エアフォース1)と比べるとやや大きめで造られているため、ハーフサイズダウンしてがオススメ

履き心地は、シリーズ屈指の履き心地と言われており、横幅はAIR JORDAN 2(エアジョーダン2)に比べると少し細く感じる

日本国内だとローカットが人気のようで、脱ぎ着のしやすさが特徴で、歩いている時にヒールパーツがパンツの裾から見え隠れするなど、ほどよい 主張がポイント

ソールもクッショニングが強く、少し厚みのあるソールになっており、スニーカーファンにとっては、嬉しい1足となっている